淡路青年会議所トップページ > 事業報告

10月例会~無限大の可能性~

開催日時

2016年10月12日(水)

開催場所 洲本市文化体育館

10月12日、洲本市文化体育館にて10月例会~無限大の可能性~を開催いたしました。

セレモニーののち、中田理事長の挨拶です。



この度は安福元則直前理事長はじめとする一般社団法人明石青年会議所の皆さまがご挨拶に来られ、夏山政彦理事長予定者より次年度の副理事長、専務をご紹介いただきました。




今回の例会は次世代育成委員会の設営のもと、入会3年未満メンバーが事前に作成を行ったプレゼンテーションの発表を行いました。

テーマは「私の想う、明るい豊かな淡路島」「私の行いたいJC事業」の二つです。

まずは「私の想う、明るい豊かな淡路島」のテーマ発表です。

会員交流委員会 長尾君
今年度取得された日本遺産の重要性から、さらなるPR方法の提案となりました。


会員交流委員会 中川君
淡路島を活性化させるためには飲食街の活性化、という強い想いを打ち出しました。


会員拡大委員会 有馬君
淡路島の過去の事例も踏まえながら教育・観光の強化の重要性を熱の入った言葉で語りました。


続いて「私の行いたいJC事業」のテーマです

次世代育成委員会 加藤君
人口増加による淡路島サイクルの実現に向け、「街コン」事業の提案を行いました。


日本遺産推進会議 萩本君
「嫁に来いや!2020」をタイトルとして、高田延彦氏をゲストにお招きして2020年度に婚活事業を行う、という具体的な事業提案でした。


未来創造委員会 苫屋千賀君
御食国をPRすることで観光客増加に結びつける「御食国ビアガーデン」を開催し、食の魅力のPR、伝統芸能を盛り込むことで文化もPRする、という事業を提案しました。


発表終了後に次世代育成委員会委員長 藤川君による総括です


最後に平川監事による監事講評が行われ、終了いたしました。

若手メンバーの持つ想いを発表というかたちにし、若手メンバーの持つ可能性、想いを感じられる例会となりました。